Peter Rabbit

ピーターラビットについて

image

世界中で愛されている『ピーターラビットのおはなし™』※原題はThe Tale of Peter Rabbit™※の主人公、それがピーターラビット™です。

このおはなしのきっかけは、1893年9月に作者ビアトリクス・ポターが5歳の少年ノエルにあてて書いた絵手紙でした。イギリスの田舎の農園を舞台に物語は進行します。

いたずら好きのうさぎのピーターがマグレガーさんの庭に入りこんでレタスを食べていると、彼に見つかってしまいます。ピーターはどうなってしまうのでしょう。



ノエル君はピーターが無事にお家に帰れるのかとひやひやしながら手紙を待っていたのではないでしょうか。ビアトリクスはこのお話を絵本にしたいと考えますが、なかなか出版には至りません。

1901年250部の自費出版を経て、翌年1902年10月全ての絵に色を付け、フレデリック・ウォーン社から『ピーターラビットのおはなし™』として刊行されます。

初版は予約のみで完売、2年足らずの間に5万部を超えるベストセラーとなりました。その後、多くのキャラクターが登場するピーターラビット™の絵本シリーズとなりました。

この絵本のシリーズは100年以上たった今でも世界中で読み継がれ、主人公のピーターも、世界中の人々に愛され続けています。