秘密の日記

15歳の時から、ビアトリクスは自分の発明した暗号を使って日記を書き始めました。
彼女自身でさえ、後にこの日記を読み返しても内容を理解するのは難しかったようです。
ビアトリクスの死後15年が経ちやっとこの暗号は解読されました。

周囲の人からは、彼女は恥ずかしがりで大人しい人だと思われていましたが、日記の中のでは、オープンに自分を表現し、当時の芸術家や作家、政治家たちの鋭い批評家でもありました。